デジタルマーケティング業務に関する求人数は年々増加しています。

デジタルマーケティングを積極的に推進していた従来の会社だけにとどまらず、これまでマーケティングに力を入れていなかった企業も、デジタルシフトの影響を受け、大手企業から順にデジタルマーケティングを推進する部署を立ち上げ始めている状況です。

もちろん、大手企業だけではなく、ベンチャー企業も同様に、大きな予算を割いてデジタルマーケティング領域に力を入れています。

上記に伴い、現在のデジタルマーケティング業界では、未経験を含めた若手人材の採用が活発的に行われているのです。本記事では、デジタルマーケティング業界へ未経験から転職を検討なさっている方向けにキャリア選択について、解説していきます。

併せて、デジタルマーケティングとは何か具体的に知りたい方はこちらを参照下さい。

 

デジタルマーケティング職で求人を出している会社は?

「デジタルマーケティング」と言っても、その業務範囲はとても広く、転職後に想像していた仕事内容と異なっていたことが原因で、再転職をなさる方も増えています。

そういったミスマッチを防ぐべく、まずは、デジタルマーケティング領域でどのような会社がどのような仕事内容の求人情報を出しているのかしっかり知っておくと良いでしょう。

「デジタルマーケティング職」として求人を出している企業

・事業会社のマーケティング部門

・広告(代理店)会社

・メディアレップ

・アドテク

・PR会社

・Web制作会社

それぞれ「デジタルマーケティング職」として求人を出していますが、仕事内容は、重複はあるものの、大きく異なっています。それぞれの仕事内容について、解説をしていきます。

 

事業会社のマーケティング部門

デジタルマーケティングにより、自社サービスや事業を拡大するという仕事内容です。自社内で全てのリソースを持っている会社は多くありませんので、デジタルマーケティング支援を行なっている広告代理店やコンサル会社とともにデジタルマーケティングを促進します。

 

広告(代理店)

広告(代理店)会社でのデジタルマーケティング業務内容は、クライアントのデジタル領域での支援を行います。クライアントへのデジタル広告の提案や運用などが主な仕事内容となるでしょう。

 

メディアレップ

メディアレップとは、ネット広告の取引において、広告媒体サイト(大型メディア)と広告主の仲介を行っている事業者のことです。大型メディアと広告主の間を取り持ち、両者にとって最もメリットが出る広告出稿となるように、プランを練る仕事を行います。

 

アドテクノロジー

アドテクノロジーとは、インターネットのアクセスデータを解析し、広告を最適な人に配信する技術、あるいは、そういった仕事のことを指しています。

アドテクノロジー会社は、自社で解析システムを開発している企業がほとんどですので、そのサービスを用い、クライアントの広告施策の支援や、広告枠の販売を行っています。

 

PR

近年、SNSやYoutube等のデジタル領域でのサービスプロモーションを行う企業が増えています。紙媒体に限らず、デジタルでのPR促進を請け負う仕事です。サイバーエージェント社が行った調査では、2018年には、1,843億円だった動画広告市場が2024年には、4,957億円になるとの見通しもあり、急成長が期待されるマーケットの一つです。[1]

[1] https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=22540

 

Webサイト制作/Webマーケティング会社

Webサイトは、いまや、デジタルマーケティングを行う上では欠かせない存在になっています。これまでは、企業のサイト制作を請け負っていたWeb制作会社ですが、近年、サイト制作だけではなく、SEO対策/ネット広告の提案/マーケティングオートメーションツールを用いた営業促進の提案などデジタルマーケティングを考慮した提案を行うようになりました。

一口に、デジタルマーケティング業務といっても、会社によって業務内容は異なります。転職の際に、貴方がやりたい仕事と実際に入社することになる会社で行う業務にズレがないようにしっかりと把握しておくと良いでしょう。

 

なぜ経験者採用が多いのか?

求人情報を確認すると、何らかのマーケティング経験がある人材を求めている企業が多いように見えます。しかし、冒頭にお伝えしている通り企業によっては、「未経験」でもデジタルマーケティング業界へ転職することは可能です。リクナビNEXTや、dodaにご登録頂き、求人をご確認頂くところから始めて頂きたいと思います。

中途採用なので、会社は経験者を募集していることが多いです。しかし、デジタルマーケティングという概念が生まれてから日が浅く、知見も経験も豊富に持っている人材は少ないことも事実ですので、未経験から挑戦できる可能性があります。

未経験者のデジタルマーケティング職への転職難易度

分類難易度
事業会社のデジタルマーケティング部門S
広告会社(アドテクノロジー等)B
Webコンサルティング会社(動画/SNS含む)C
Webサイト制作会社D

 

これからデジタルマーケティングに本腰を入れ、体制を整えていくベンチャー企業であれば、未経験であったとしても、デジタルマーケターとしての就業可能性もあるかもしれません。どうしても事業会社のマーケターになりたいという方は、ベンチャー企業への転職にチャレンジなさるという選択肢もあります。

 

未経験で、入社後すぐにデジタルマーケティングに携わることができるのは?

デジタルマーケティング職の業務内容は、Webサイト・オウンドメディア (自社メディア)の運用、リスティング広告やディスプレ広告などのネット広告の運用、MA(マーケティングオートメーション)やSFA(セールスフォース)の運用、アプリ運用等、仕事内容は多岐に渡ります。

転職したばかりであれば、全てをいきなり任されることはありませんので、ご安心ください。どれか一つの業務を任されると考えていただければ良いと思います。

 

価値の高いデジタルマーケティング職とは?

デジタルマーケティング領域、全ての施策について一貫して思考・実行ができる方が仮にいらっしゃるのであれば、その方は市場でとても高い価値を持っていると言えます。ただ、これまでに説明してきたように、そのようなスーパーマンはほぼ存在していません。ここでは、優秀なデジタルマーケティグ職になるための3つのポイントを解説致します。

  • 目標数値にコミットし、施策改善を重ねることができる
  • データ分析ツールを扱うことができる
  • 一つ一つの施策に丁寧に着実に取り組める

デジタルマーケティングは、定められた目標数値の達成にコミットできるかが大切です。目標とする結果を残すため、様々な施策を試しながら、改善を続けます。

また、デジタルマーケティングを行う上では、データ分析ツールをうまく扱うことが非常に重要です。

  • Marketing Automationツール
  • Sales Force Automationツール
  • Customer Relationship Managementツール
  • Webサイト分析ツール

等のツールを最大限活用できることは、非常に重要です。

デジタルマーケティングの仕事内容は、非常に多岐に渡ります。全て行う必要はありませんが、一つ一つの施策を丁寧に着実に行うことができると成果にも繋がりやすいです。

デジタルマーケティング職は、エキスパート職というよりは、ゼネラリスト職です。少しずつでも良いので自分のできる仕事を増やしていくことで、優秀なデジタルマーケターに近づくことができます。

 

デジタルマーケティング職のロールモデル

実際にデジタルマーケティング職として働かれている方を2名ご紹介します。

 

営業職からマーケティング職へ転換を果たしたAさん

大手ソフトウェアメーカーで営業を行われていたAさんは、現在デジタルマーケターとして活躍なさっています。もともとAさんは営業職ということもあり、マーケティングに関する知識は全くない状況からキャリアをスタートさせました。

初めのころは、マーケティングに関する知識は皆無でしたので、デジタルマーケティングについての解説セミナーや展示会などあらゆるところから、情報を集めました。また、デジタルマーケティングを専門に扱うコンサル会社とともに、できることから施策を立て、少しずつですが、できる業務の幅を増やして行きました。

今では、展示会運営、セミナー運営、Webサイト運用、ネット広告運用、MA運用まで様々な施策を一貫して行っています。

 

デジタルマーケティングコンサル会社で営業をするBさん

次は、デジタルマーケティングをエンドクライアントへ提案しているBさんの紹介です。

もともとデジタル領域に疎かったBさんですが、未経験から営業としてキャリアを積み、最近では営業のみでなく、既存クライアントに対し、これまでの経験を生かし、コンサルティング業務までを行っています。

これからのキャリアとして、事業会社のマーケティング担当への転職も考えており、キャリアアップを狙っているそうです。

 

まとめに

未経験からのデジタルマーケティング業界への転職も、キャリアアップの方法をしっかりと立てることによって可能となります。

広範なデジタル施策を運用できるようになるまでには、時間がかかることも確かですが、一つずつできる幅を広げていくことで、優秀なデジタルマーケターになることは可能です。

デジタルマーケティング職への転身をお考えになっていらっしゃる方は、是非、お問い合わせください。

 

執筆者の経歴

梅村玲司 名古屋市出身。大学在籍時、個人の活動として地方創生に関わり、キャリア支援団体の代表として活動の幅を広げる。2016年スターティアラボ株式会社に入社し、Web制作・Webマーケティング事業に従事、 現在はMtame株式会社にてWeb領域のみにとどまらないデジタルマーケティング領域全体の提案を得意とし、営業リーダーを務める傍ら、自身もコンサルタントとして、クライアントへの提案を行う。大手クライアントも多数付き合いがある。Webメディア:うぇぶログの運営代表者でもある。(https://web-logg.com/)