Skip to content

【2021年更新】M&Aキャピタルパートナーズはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等

【2021年更新】M&Aキャピタルパートナーズはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等
監修
須賀大貴
関西学院大学卒業後、新卒でキーエンスに入社し、約9年間法人営業及び各エリアの営業戦略立案に従事。リメディに参画後は、幅広いネットワークと戦略立案能力を生かしながら、M&A及びコンサルファームへの多数の転職支援実績を残す。 経営幹部人材の転職・採用において特に強みを有する。

【2021年更新】M&Aキャピタルパートナーズはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等【引用:M&Aキャピタルパートナーズ IR資料】

目次

M&Aキャピタルパートナーズとはどんな会社?

2005年に創業されたM&A仲介を行う東証一部上場企業です。2021年7月時点でM&A仲介業の中で東証一部に上場している企業は「日本M&Aセンター(創業:1991年)」「ストライク(創業:1997年)」「M&Aキャピタルパートナーズ(創業:2005年)」の3社のみとなっており、M&Aキャピタルパートナーズは東証一部上場3社の中では最も若い企業ではありながら、売上高では既に2番手の位置に付けています。上場企業の平均年収ランキングでは2018年から4年連続で1位となっており、平均年収の推移においては、ここ数年は2,000万円~多い年では3,000万円を越える事もあり、非常に高年収な企業として知られるようになりました。TVCMの放送や、書籍の出版もあり、M&Aという、一般的にはまだまだ親近感の少ない業界でありながら、企業オーナーから転職を考える求職者まで、幅広い認知をされている業界を代表する企業と言えます。

M&Aキャピタルパートナーズの特徴

非常に特徴の多いM&Aキャピタルパートナーズですが、特徴を「従業員目線」と「顧客目線」に分けて見てみましょう。

【従業員目線】
従業員の目線で見た時に、同業他社と比較しても「平均年齢が若く」「非常に高い年収水準」であるという点かと思います。2020年度のM&A仲介上場3社で比較すると

【2021年更新】M&Aキャピタルパートナーズはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等

※2020年度IRデータ参照

と他の2社は、ほぼ同じ水準に対してM&Aキャピタルパートナーズは、平均年齢においては3~4歳若く、平均年収においては50%以上も高い水準になっています。

その要因になっている点としては「1人の担当が買い手企業・売り手企業の両面の担当を行っている」という点が考えられます。
M&Aの業界においては、仲介手数料を「買い手企業」「売り手企業」の両者から頂く形になりますが、M&Aキャピタルパートナーズでは、1人で「買い手企業」「売り手企業」の両方を担当します。仕事のハードさはある一方で、片側の企業に専任で付くスタイルと比較した際には、1件あたりの生産性は倍近いものになると考えられます。

【顧客目線】
顧客目線で見た時に、特徴的なのは「着手金なし」という点です。

M&A仲介の業界では、「着手金を受け取ってから案件を進める」スタイルの会社と「着手金なし」のスタイルの会社があります。M&Aのニーズが具体的な企業であれば「本気度」を示す意味でも効果的である反面、M&Aも「選択肢の1つとして検討したい」という企業にはハードルが高く感じるかもしれません。その点「着手金なし」かつ「上場企業」というM&Aキャピタルパートナーズは、これからM&Aも視野に入れて考えていこうというお客様にとっては、相談し易い企業の1つになるのではないかと考えられます。

マーケティングの観点でも「ライオン社長」をマスコットキャラクターにしたテレビCMを流しているのが特徴的です。「ライオン社長」を表紙にした書籍「M&Aで創業の志をつなぐ 日本の中小企業オーナーが読む本」も出版しており、全体的に認知を高める為の取組にも力を入れています。

M&Aキャピタルパートナーズの企業情報

 

会社名:M&Aキャピタルパートナーズ株式会社(M&A CAPITAL PARTNERS)
創業:2005年10月
代表者:中村悟
資本金:27億円
従業員数:連結207名・単体135名 (2021年3月31日現在)
本社住所:〒100-6701 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
グラントウキョウノースタワー38階
大阪オフィス:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-2-2
ヒルトンプラザウエストオフィスタワー19階
関連会社:株式会社レコフ(M&A仲介・アドバイザー業)
株式会社レコフデータ(M&Aデータベース提供・出版業)

 

【株式会社レコフ】
会社名:株式会社レコフ(RECOF Corporation)
創業:1987年12月
代表者:稲田洋一
資本金:27億円
従業員数:約70名
本社住所:〒102-0083 東京都千代田区麹町4-1-1
麹町ダイヤモンドビル9階
概要:日本におけるM&Aの草創期から、数多くのM&Aを手掛けてきた会社で、M&Aにおける戦略立案や案件創出・実行からPMI支援までトータルで実行・助言等のサポートをしています。対象に関しては、中堅中小企業だけでなく、上場企業間における統合案件や、大型再生案件の助言業務も行っています。
グループ会社に株式会社レコフデータ・RECOF VIETNAM CO,LTDを持っており
株式会社レコフデータでは、M&A専門誌「MARR」(マール)の編集・発行や、M&Aデータ等の情報提供サービス、受託調査などを行っています。その他、ベトナム現地法人であるRECOF VIETNAM CO,LTDを活かして、クロスボーダーの案件にも強みを持っています。

 

【株式会社レコフ買収の狙い】
M&Aキャピタルパートナーズは、2016年10月に約30億円で株式会社レコフの株式を取得し、経営統合しています。当時のIR資料に記載されている、シナジー効果の狙いは以下の通りでした。

  • 国内M&Aにおける高い営業シナジー
    →各業界や金融機関との幅広いネットワーク、業界誌MARRの認知度・ブランド力
  • 事業領域の拡大・サービスメニューの拡充
    →企業再生・クロスボーダー・リストラクチャリング支援
  • クロスボーダー(海外)M&Aサービスの拡充
    →アジア圏への進出支援
  • 認知度とブランド価値の向上
    →創業29年のブランド力・レコフデータが蓄積した21年のデータベースや、メディアリレーション

M&Aキャピタルパートナーズの直近の業績 ※M&Aキャピタルパートナーズ単体

【2021年更新】M&Aキャピタルパートナーズはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等
2020年はコロナの影響を受けて低下したものの、延期した案件の再開なども見込めているようです。
2013年の上場申請期から、7年で売上も10倍超となっており、業界全体の成長も相まって、まだまだ今後の成長も期待されそうです。

M&Aキャピタルパートナーズの今後の事業展開

M&Aキャピタルパートナーズは企業理念として「クライアントへの最大貢献と全従業員の幸せを求め世界最高峰の投資銀行を目指す」という事を掲げています。あるインタビューで人事部の方が「イメージとしては、昔のパートナー制度がある時代のゴールドマン・サックス」という表現をされており、M&Aの仲介だけでなく、資金調達手段などの提案も含めて提案出来る様にしていきたいと考えているようです。実際の動きとしては、投資領域への進出という点では、2016年に株式会社レコフをグループに加えており、長期的に「投資」「証券化」といった領域にもサービスを広げていく事を考えているのかと思われます。

 

M&A業界への圧倒的転職内定率ならリメディ株式会社

M&A業界への転職をお考えでしょうか?
リメディは、M&A業界に特化し1年で50名超の転職支援実績を有する業界最高のエージェントです。

リメディのHPはこちら

【リメディにご相談頂くメリット】
・M&Aファーム各社の情報が充実しており、自分にとって最も良いファームが明確になる。
・転職支援実績が豊富であるため、選考対策が極めて充実している。業界No.1の内定率
・担当エージェント自身がM&A経験者か、もしくはM&Aファームに内定獲得できるレベルのエージェントであるので頼りになる。

昨今急拡大しているM&A業界には、上場しているファームだけではなく、有力なベンチャーM&Aファームもございます。①業界特化、②分業体制の充実、③テクノロジーによる効率化等の特徴が明確です。成功するためには、ご自身にあったM&Aファームを選択することが何より重要です。M&Aファーム各社の社長と直接コネクションを持ち、毎日ようにコミュニケーションをとっているリメディにまずはご相談ください。

リメディのコンサルタントはこちらから確認頂けます

M&Aキャピタルパートナーズの採用情報について

【2021年更新】M&Aキャピタルパートナーズはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等M&Aキャピタルパートナーズでは、堅調な業績の伸びも相まって、M&Aアドバイザーを含め複数のポジションで人材を募集しています。

【2021年更新】M&Aキャピタルパートナーズはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等
上記データを見る限りでは※新入社員比率は、増加人数をその歳の社員数で割りました。
その為、経験者・未経験者の比率、退職者などは考慮されていませんので、あくまで目安としてください。

平均すると毎年、約20%の新入社員比率になるように採用を進めていると見受けられます。

M&Aキャピタルパートナーズが募集している求人

【フロント業務】

・M&Aアドバイザー(未経験者/経験者)
譲渡側・譲受側における、開拓・案件推進・クロージングまで、全てを1人で担当します。

・マッチングコンサルタント
譲受企業の開拓により、譲渡検討企業とのマッチングを推進するポジション。
中堅~大手企業のM&Aにおける戦略的パートナーとしての価値向上が見込めます。

【バックオフィス】

・ドキュメントプランナー
企業概要書の作成や、営業サイドが作った企業評価書のクオリティマネジメント
ディールにおける各種ツールの整理 など

■ポイント
M&Aの案件自体は、まだまだ増加傾向にあり、バックオフィスとして支える会計士や税理士といった士業の方のニーズも非常に高まっています。監査業務ではなく、自身での提案力も求められる仕事にはなりますので、より主体的な仕事に関わりたい会計士・税理士の方には魅力的なポジションになると考えられます。

・バックエンドエンジニア
顧客基盤システムの新機能開発や、改善業務など、営業活動の効率化の為のツール設計・開発~導入運用~効果測定 など

■ポイント
業界内でも先進的にデジタル化・IT活用を進めている会社がある一方で、M&Aキャピタルパートナーズはまだアナログな要素も残っていると言われています。今の段階でも安定して業績を伸ばし続けており、業界最高峰の収益性を誇っているM&Aキャピタルパートナーズですが、採用活動の背景には、今後の更なる効率化を進めていく動きも垣間見えます。

非常に優秀なM&Aアドバイザーが揃っているM&Aキャピタルパートナーズですので、効率化に成功した時の効き幅は計り知れないものがあると推察されます。成果面で大きなインパクトを伸ばしたい、出来上がった環境ではなく、自身の力で組織を変えていきたいと考えるエンジニアの方にとっては非常に魅力的なポジションになるのではないでしょうか。

・Webプランナー
web広告の媒体選定および入札設定・運用・効果測定・分析 など

■ポイント
M&A業界の中でもYoutube等の動画コンテンツに力を入れている企業は増えてきていますが、M&Aキャピタルパートナーズは「ライオン社長」のCMや、書籍の出版といった、コンテンツにも力を入れており、メディアの幅が広いのが特徴です。少数精鋭のポジションになる為、裁量を持って働きたいという広告関係の知見をお持ちの方には魅力的なポジションになるのではないでしょうか。

上記の様に、M&Aキャピタルパートナーズが持っている強みを最大化させる事をミッションにした魅力的なバックオフィスのポジションも開かれています。

新卒採用状況について

M&Aキャピタルパートナーズでは、現在新卒の採用活動は行っていません。
M&Aという業界自体が、非常に業務難易度が高く、特にM&Aキャピタルパートナーズでは分業制を取らず、一気通貫でマルチにこなせるスキルが求められます。その為、社会人としての結果が未知数な新卒採用は行わず、社会人として一定の基礎を身に付け、優秀な結果を残した人達を集めているのではないかと考えられます。ただし、日本M&Aセンターやストライクは新卒採用を行っていますので、今後の新卒採用実施はあるかもしれません。

中途採用状況について

M&Aキャピタルパートナーズでは、年間を通して求人を募集しております。
M&Aの業界において、優秀な人材の確保は不可欠となる為、時期で採用水準を変えることなく常に優秀な人材に対してアンテナを張り続けていると考えられます。

M&Aキャピタルパートナーズの転職難易度は?

M&Aキャピタルパートナーズの採用基準は「非常に高い」と言われています。

特に現職での卓越した成績を求めるM&Aキャピタルパートナーズでは、応募書類においても、重要なチェックポイントになると考えられます。自分自身の成し遂げてきた成績や、新規開拓の能力を、達成率や件数だけでなく、〇位/〇名中、といった相対比較も交えながら、客観的に見て理解しやすい様に表現する事が重要かと考えられます。自身の強みや、現職での活躍の再現性がどこにあり、どういった形でM&A業界に活かせるのか、など深い自己分析の元でエントリーを進めていく必要がありそうです。

M&Aキャピタルパートナーズの採用要件

金融業界や事業会社での営業経験が2年以上という条件が必要業務経験とされています。

しかしながら、非常に少数精鋭の会社になりますので
現職においても際立った成績を残している方が求められると考えられます。

年齢的には、有価証券報告書の平均年齢とコンサルタントの人数推移をみる限り

【2021年更新】M&Aキャピタルパートナーズはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等
となっておりますので、20代後半の方の採用が中心なのではないかと想定されます。

M&Aに対する考え方は、業界の中でも各社様々ではありますが、M&Aキャピタルパートナーズは書籍「M&Aで創業の志をつなぐ 日本の中小企業オーナーが読む本」やYouTubeのコンテンツ動画、自社採用ホームページでのインタビュー記事なども多くアップロードしており、どのような想いを持っているかを掴むための材料は比較的多いです。

M&Aキャピタルパートナーズの選考フロー

M&Aキャピタルパートナーズの選考は「書類選考」「1次面接」「2次面接」「会食」というフローになります。

1次面接では配属予定先となる部署の部長との面接となり
1次面接では中村社長との面接となります。
最終的に、会食スタイルでの面接を経て内定の判断を頂く形になるようです。

M&Aキャピタルパートナーズの年収について

【2021年更新】M&Aキャピタルパートナーズはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等M&Aキャピタルパートナーズの年収に関してですが、固定給と合わせて、インセンティブ+業績連動賞与(4月と10月の計2回)の合計で構成されます。

初任給の固定給が35万円となっており、インセンティブを含む賞与の比率が非常に高いのが特徴になります。そのため、年齢と年収の相関性は少なく、個人の成績によって大きく振れ幅があると考えられます。また、コンサルタントの比率が非常に高いという点も平均年収を上げる要因にはなっているかと想定されます。

有価証券報告書(2020年度)では

売上高:101億9,159万円
経常利益: 49億5700万円
平均年収:2,269万円
M&Aコンサルタント:100名(122名中の81.9%)
成約件数:118件

 

となっており、1人辺りの担当件数は1.18件・1件当たりの売上は8,636万円となります。
平均年収から、固定給である35万円×12ヵ月=420万円を差し引いた1,849万円が1.18件のインセンティブだと考えると、1件あたり約1,566万円となります。

当然担当する案件の金額に左右されると推察される為、非常に乱暴な計算ですが

1件:420万円+1,566万円=1,986万円
2件:420万円+3,132(1,566×2)万円=3,552万円 となり

 

成約した件数による振れ幅が非常に大きいと考えられます。

M&Aキャピタルパートナーズの過去5年間の平均年収推移

M&Aキャピタルパートナーズの平均年収の推移は以下の通りです。

【2021年更新】M&Aキャピタルパートナーズはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等

コロナ以外の要因でも、数百万単位の大きな浮き沈みがあります。M&Aという事業の特性を考えると、案件が成約するまでに数カ月~年単位でかかってしまう事もあり、新入社員を採用した時期が、期初・期末のどちらかに偏っているかによっても左右するのではないかと考えられます。

M&Aキャピタルパートナーズが高年収を誇る理由

M&Aキャピタルパートナーズが高年収になっている背景を探る為に、上場3社の有価証券報告書(2020年度)を元に、比較してみようと思います。

 

【M&Aキャピタルパートナーズ】
売上高:101億9,159万円
経常利益: 49億5,700万円
平均年収:2,269万円
M&Aコンサルタント:100名(全122名中の81.9%)
成約件数:118件(譲受・譲渡を合わせて1件カウント)
1人当たりの担当件数は118件÷100名で1.18件
1件当たりの売上高は101億9,159万円÷118件で約8,636万円となります。
【日本M&Aセンター】
売上高:361億3,000万円
経常利益: 165億4,000万円
平均年収:1,243万円
M&Aコンサルタント:473名(全810名中の58.4%)
成約件数:914件(譲受・譲渡案件をそれぞれカウント)
1人当たりの担当件数は914件÷473名で1.93件
1件当たりの売上高は361億3,000万円÷467件で約7,736万円となります。
【ストライク】
売上高:69億1,600万円
経常利益: 29億8,300万円
平均年収:1,357万円
M&Aコンサルタント:111名(全140名中の79.2%)
成約件数:134件(譲受・譲渡を合わせて1件カウント)
1人当たりの担当件数は134件÷93名で1.44件
1件当たりの売上高は69億1,600万円÷134件で約5,161万円となります。

 

会社によっても、部署ごとに「譲受・譲渡で分業していない」「一部マッチング専門の担当がいる」といった状況もあり、一概に比較する事は難しいですが「コンサルタントの比率」「1件あたりの単価」「1人あたりの年間対応件数」など各社特徴がありそうです。

収益性の高い事業モデル

上記の項目で計算をした様に、M&Aキャピタルパートナーズは非常に1人当たりの生産性が高いという事が特徴として挙げられます。

M&Aアドバイザーの占める割合が、同業界の上場2社と比較しても10%以上も高く、バックオフィスの人員が行っている作業をM&Aアドバイザーが行う事によって、アドバイザーへの還元を多くすることで、結果的に高い生産性と、魅力的な報酬設計を生み出していると考えられます。

一方で、1人当たりがこなすべき仕事内容も多くなる為、高い能力が求められる仕事とも捉えられます。

業界最高水準のインセンティブ率

M&Aキャピタルパートナーズの報酬設計は、高いインセンティブ率になっていると思われます。以下はM&Aアドバイザー1名当たりの売上高と平均年収を記載したものとなっています。
*日本M&Aセンターの場合は、一見、還元率が低く見えますが、①ミドルオフィス・バックオフィスの機能がかなり充実していること、②IPO支援、PMIコンサルティング、クロスボーダーM&A、ファンド等、M&A仲介以外の機能が充実していますので、単純比較できません。

M&Aキャピタルパートナーズ:M&Aアドバイザー1名当たり売上高:10,190万円に対して、平均年収2,269万円(22.2%)
日本M&Aセンター:M&Aアドバイザー1名当たり売上高:7,638万円に対して、平均年収1,243万円(16.8%)*
ストライクM&Aアドバイザー1名当たり売上高:6,230万円に対して、平均年収1,357万円(21.8%)

上記の通り、M&Aキャピタルパートナーズの報酬設計は、魅力的な設計になっていると考えられます。
これは1人のM&Aアドバイザーが譲受企業・譲渡企業の両社を担当するというスタイルに起因していると考えられます。

M&Aキャピタルパートナーズの労働環境について

【2021年更新】M&Aキャピタルパートナーズはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等非常に高いレベルの業務水準が求められるM&Aキャピタルパートナーズですが、実際の働き方はどうなのでしょうか。
業務内容や残業時間、離職率やキャリアパスといった視点で確認してみましょう。

仕事内容と日々の働き方

会社ホームページのインタビューを参照すると

 

・週の前半に、全体ミーティング・勉強会・事例共有会などがある
・それ以外の仕事の進め方は基本的に自由
・1人あたり平均4~5件の案件を並行して進めている
・それぞれの案件のフェーズによって忙しさは変わる
・企業への出張訪問や、案件の管理をしながら新規開拓が必要

 

となっており、自由が故に、キッチリと案件進捗と新規開拓のバランスを取る力が必要になると考えられます。

残業時間

非常に高年収のため、激務なのではないか?という話題が多いM&Aキャピタルパートナーズですが、実際のところはどうなのでしょうか?

オープンワークの口コミを見ると平均が約60時間となっています。
8:00~17:00が定時となっていますので、大体20時頃ぐらいには業務が終了していると想定されます。

裁量に任される傾向が強いようですので、人によってある程度コントロールが出来るのではないかと思いますが、インセンティブの比率が高い会社なので、成績が出せていないと安心して早く帰るということはしづらいかもしれません。

離職率

気になる離職率に関してですが、直近5年間の離職率は5%程度という事です。
給与の高さや、ハードワークのイメージとは裏腹に離職率は低く、やりがいを持って働ける環境なのではないかと想定されます。

平均勤続年数の推移で見ると

【2021年更新】M&Aキャピタルパートナーズはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等

となっており、上場企業の平均勤続年数が12~13年と比べると非常に短く見えますが、毎年20%ほどの中途採用の社員が入ってくると考えると、短いのは事実ではあるものの、社歴の若い方の増加の要素も大きいのかと考えられます。

オープンワークを見ると、元々思い描いていたキャリアの実現の為に。という書き込みもあり、成長や金銭面での充実により、新しいチャレンジの為に退職される方がいらっしゃるようです。

M&AキャピタルパートナーズのM&Aコンサルタントのキャリアパス

【2021年更新】M&Aキャピタルパートナーズはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等他の業界と比べると、平均勤続年数が短いM&A業界ですが、実際にM&Aコンサルタントになった方々はどのようなネクストキャリアを見据えているのでしょうか?

社内と社外に分けてキャリアパスを確認していければと思います。

社内でのキャリアパス

社内でのキャリアに関しては、基本的にM&Aアドバイザーとしてのキャリアを進む形になるようです。M&Aキャピタルパートナーズの場合、中村社長も現役のM&Aアドバイザーとして第一線で活躍されていますので、徐々にポジションを上げていく事で、プレイングマネージャーとしてのキャリアアップを目指す形になるのではないでしょうか。

役職に関しては、ホームページで確認出来る限りでは、課長・部長・役員・社長という役職構造になっているようです。その下には主任といった役職が用意されているようですが、明確には確認することが出来ませんでした。

社外へのキャリアパス

M&Aアドバイザーという仕事の成果は、個人の力量に大きく左右されます。所属している会社によって進路が大きく変わる事は無いようです。

では、一般的にM&Aアドバイザーはどのようなネクストキャリアを歩むことが多いのでしょうか?

 

・事業会社での経営企画や、M&Aでの戦略立案
・コンサルティングファームのM&A戦略チーム
・金融機関のM&A関連部署
・ベンチャーでの経営企画
・独立/起業

 

といった選択肢が多いようです。

極めて優秀な営業マンであるという点や、M&Aアドバイザー業務を通じて培ったM&Aや経営のノウハウを活かして活躍されるケースが多いようです。
また、若いうちから結果を出せば、高額な報酬を得られる業界でもありますので、自己資金を使って事業をされる方も多いようです。

M&Aキャピタルパートナーズの評判・口コミ

【2021年更新】M&Aキャピタルパートナーズはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等口コミサイトなどを見る限り、入社後にイメージとの乖離を感じる方は少ないようです。

クライアントファーストの意識が強く、高い業務レベルを遂行できる人材が集まった集団という印象通りの評判が多く見受けられました。ハードワークを前提に、腕に自信を持った方が入社している為、不満自体もあまり見かけませんでした。
高い報酬が魅力的である反面、インセンティブの比率が高く、案件が成約するまでの期間も長い為、かなり覚悟を持った方が入社していると考えられます。

報酬・待遇への満足度

インセンティブの比率が非常に高く、透明性の高い報酬設計の為、不満は無さそうです。
成果主義的な設計ではあるものの、風土としてメンバーの成長を支えていく風土が根付いており、インセンティブを重視する設計での弊害も少ないのではないでしょうか。

年収

年齢に関係なく、非常に振れ幅があるようです。1年目は案件が決まらなくても、固定給+ボーナスで500~600万円程度の年収は見込める様ですが、前職で結果を出してきた人達からすると、大幅な年収ダウンになるケースが多く、如何に案件を成約に導けるかが重要になると考えられます。20代でも数千万~億単位の収入を得ている方もいらっしゃるようです。

福利厚生・休暇

基本的には土・日・祝日と年末年始・夏季休暇があり、年次有給や休暇や、産前産後休暇、育児・介護休暇、慶弔休暇などの一般的な休みがあります。
有給休暇の消化率はオープンワーク上では55.1%となっており、比較的消化のタイミングは自由に決められる傾向にあると考えられます。

仕事のやりがいやM&Aコンサルタントとしての成長

仕事のやりがいに関しては「M&Aアドバイザー」としてのやりがいと「M&Aキャピタルパートナーズ」だからこそのやりがいがあると考えられます。

M&Aアドバイザーとしては、やはり仕事の大きさから来る達成感を挙げる方が多いです。
M&Aキャピタルパートナーズだからこそのやりがいとしては、周りのレベルが非常に高く、先輩社員や同僚からの学びが多い事が挙げられています。

各業界からトップセールス級の方が集まっている組織のため、教える立場だった人が多く、自分よりもレベルの高い人から学びを得る経験が刺激的だと感じることが多いようです。

労働時間

定時が8時~17時、月の残業時間は口コミベースで約60時間となっています。
進めている案件の状況によっては、必要に応じてに遅くまで働くケースや、土日の出勤も可能性はあると考えられます。

社員の雰囲気

各業界のトップセールスが集まっており、インセンティブの比率が高い。というワードとは裏腹に、社内の雰囲気は非常に協力的で「今持っている悩みは、誰かが過去にも悩んでいた可能性が高い」と先輩が声を掛けてくれるような社風のようです。入社後6カ月は体系化したOJTの体制を敷いており、上司となる先輩社員が指導にも当たってくれるという記述もありました。

全員がM&Aアドバイザーとしての仕事の大変さや、プレッシャーを理解しているが故に、成約をした際には全員が心から祝福し合えるような雰囲気があるようです。

M&Aキャピタルパートナーズへの転職を成功させるポイント

【2021年更新】M&Aキャピタルパートナーズはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等M&Aキャピタルパートナーズに関しては、多様性を重視する社風ではなく、M&Aキャピタルパートナーズの掲げるビジョンに沿った方を採用する傾向が強いため、実際に転職をした人の実績を客観的に把握していくのが良いと考えられます。

有価証券報告書のデータや、ホームページ上に公開されている内容を元に推測すると

・年齢は20代半ば~20代後半まで
・金融機関/証券会社/事業会社/コンサルティングファームでの特筆すべき成績
・本をよく読み、自主的に勉強する習慣のある人

といった条件が挙げられます。

M&Aキャピタルパートナーズへの転職では「現職での卓越した成績」と「M&Aキャピタルパートナーズのカルチャー」について語れるがあります。

「現職での卓越した成績」に関しては、現職でキッチリ成果を出す事だけでなく、新規開拓の実績、それらの成績を実現出来た理由、M&Aにおいても活かせる再現性があるのか。といった内容を自分なりに整理して、語れるようにしておく必要があります。
実際にM&A業務を経験した事の無い方も、エントリーをされる事が多いとは思いますが、身近に実務経験を積んでいる方や、求人先の情報を持っているエージェントを通して情報収集するのが良いのではないでしょうか。

「M&Aキャピタルパートナーズのカルチャー」に関しては、採用ホームページにもヒントが記載されています。
例えば行動指針を見てみましょう。

当社は最高峰のプロフェッショナル集団としての高い知識・サービスレベル・チームワーク・新分野への挑戦と努力を続け、何より他社と比べ群を抜く誠実さと高い情熱で顧客の期待する解決・利益の実現のために取り組みます。

当社の社員はより幅広く、より高いレベルでの業務を通じ、人間的成長・経済的豊かさ・家族の幸福を達成していきます。当社の業績と未来は優れた社員の活躍によってもたらされるものであることを当社は承知しています。

当社は小規模なブティックではなく、世界最高峰のブランドと人材・実力を持つ投資銀行へと常に前進・拡大していきます。信用を守るための徹底した機密保持・法令順守、資本の強化と最高の人材をひきつけるための高い収益性を維持していきます。

これらから読み取れる内容だけでも、
チームワークや、常に成長を続ける姿勢、誠実さと情熱、といったパーソナリティ面や、
他社と比較して「何故M&Aキャピタルパートナーズなのか」といった動機面などは面接においても
重要なチェックポイントになるのではないかと考えられます。

社長であり、トッププレーヤーでもある中村社長のメッセージにおいても

大きいものを売ることは、営業として何よりのやりがいである―

事業とは経営者の皆様が大きな志を抱き、数々の困難を乗り越えて築き上げたもの。それは、お客様にとって、わが子以上に思い入れのある存在

扱うものはお客様の想いが込められた“事業”であり、誠実で真面目な人間性を備えていなければ、お客様から大切な財産を託していただくことはできないからです。M&Aはよく結婚に例えられますが、「娘さんをまかせてください」とあいさつに来た若者が、不誠実な印象であれば、誰だって追い返したくなるはずです。

すぐに利益を上げられなくてもしっかりとその人の成長を支え、成長を遂げ成果を上げた人材にはしっかりと報いる―

という様に印象的なコメントが数多く記載されています。
最高峰というブランドに拘る理由も、お客様に対して誠実である為の表現の1つなのではないかと考えられます。
例え優秀な人であっても、お客様に真摯に向き合う姿勢が無いとマルチャーマッチしないと言えるでしょう。

面接を通して、それらの誠実さを表現するのは難しい部分ではありますが、自分自身にしか語れないようなエピソードを交えながら表現する事で「口先だけでなく実際に行動してきた」と思っていただくことが重要なのではないでしょうか。

M&Aの業界は総じて、少数精鋭で能力の高い方を求める傾向が強く、まだまだ創業社長が現役で働いている会社ばかりの為、社風や働き方のスタイルの違いも非常に大きい業界と言えます。動機を語る上では、本当に「自分にマッチする会社」だと言えるようになる為に、業界全体を見渡して正しく比較検討する事が必要になると考えられます。

これらを総合的に考えると、M&A業界に特化し「M&A仲介各社の案内が出来る」「転職希望先への支援実績が豊富」という条件を満たすエージェントとタッグを組み、きっちりと企業の比較をしながら進めていくことが、最も内定率を高めた状態で選考に進める手段になります。

弊社は、M&A業界において豊富な支援実績があり、極めて高い内定率を実現しています。
まずは、是非お気軽にご相談を頂ければと思います。

転職をお考えであればリメディのコンサルタントにご相談を

記事をご覧頂きありがとうございました。

リメディはM&A業界出身者が設立したM&A業界特化のエージェント会社です。
リメディの特徴は、何よりも内定率の高さです。M&A業界出身者によるM&A各社の違いの整理や書類・面接の対策、各社の社長とのコネクションから独自の選考ルートまでフル活用し、M&A業界へのチャレンジをリメディのエージェントともに進めましょう。

他社エージェントとの違いは是非、ご面談の際に実感して頂ければと思います。

転職相談はこちら

過去1年で、M&A業界へ

50名超の支援実績があります。

リメディは、M&A経験者が創業したエージェントです。M&A業界に転職をお考えの方は、ご相談ください。
新進気鋭のベンチャーから大手M&Aファームまで幅広く内定実績がございます。