【2022年更新】M&Aコンサルティングはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等

【2022年更新】M&Aコンサルティングはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等
監修
須賀大貴
関西学院大学卒業後、新卒でキーエンスに入社し、約9年間法人営業及び各エリアの営業戦略立案に従事。リメディに参画後は、幅広いネットワークと戦略立案能力を生かしながら、M&A及びコンサルファームへの多数の転職支援実績を残す。 経営幹部人材の転職・採用において特に強みを有する。

【2022年更新】M&Aコンサルティングはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等

【引用:https://mmac.cc/】

M&Aコンサルティングとはどんな会社?

M&Aコンサルティングは、2019年に創業されたM&A仲介を行う会社です。 東京に本社を構え、拠点は渋谷にオフィスを構えています。 従業員数は公開されていない為、正確な数字は不明ですが、ホームページ上で紹介されているコンサルタントが8名、アドバイザーが3名、役員陣が4名となっており、少数精鋭であることが想像出来ます。創業や成長の支援をする会計事務所である「株式会社スパイラル・アンド・カンパニー」成長支援を得意とするM&A仲介会社の「株式会社スパイラルコンサルティング(2020年1月6日にM&Aコンサルティングに統合済)」からなる「スパイラルグループ」の1社となります。名誉顧問として「高橋英樹」さんが就任されており、ホームページにも大きく表示される為、非常にインパクトがあります。

M&Aコンサルティングの特徴

M&Aコンサルティングの特徴として「SCALE型M&A」「製造業特化チーム」という2つが挙げられます。

SCALE型M&A

M&Aコンサルティングの大きな特徴として「SCALE型M&A」が挙げられます。母体となる「株式会社スパイラル・アンド・カンパニー」が会計事務所という強みを活かす事によって、単純な仲介に終始せず「売却前段階からの事業戦略支援」「M&A仲介」「売却後の税金周りのサポート」までを一気通貫で行うサポートを示しています。

経営者の方に寄り添ってM&Aの前後まで幅広くサポートして貰う事が可能になる為、顧客側の立場としては、精神的に大きな負荷が想定されるM&Aにおいて、一連の流れをすべて一任出来るという点では非常に大きなメリットがあるのではないでしょうか。

【2022年更新】M&Aコンサルティングはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等
【2022年更新】M&Aコンサルティングはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等

製造業特化のM&Aチーム

M&Aコンサルティングでは飲食・美容・IT・製造業の4業種に強みがあるようですが、松栄社長や、依田取締役が株式会社キーエンス出身という事もあり2021年4月から「製造業に特化したM&Aコンサルティング」のサービスを開始しています。

M&A業界では、株式会社キーエンス出身の方の採用や活躍が増えておりますが、M&Aコンサルティングにおいては「専門性」を持たせることによって、更に強みを引き出そうとしています。株式会社キーエンスでの仕事内容を熟知した役員陣だからこそ出来る采配なのかもしれません。

M&A仲介を依頼する経営者の方にとっても、業界内の理解や、経験の豊富なコンサルタントが対応してくれる事は非常に頼りがいがありますし、M&Aコンサルタントとしてのキャリアアップを考える方にとっても、専門性を身に付け、経験値を多く積むことで、自身のブランディングに繋がるのではないでしょうか?【参照:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000070411.html】

M&Aコンサルティングの企業情報

 

会社名   :株式会社M&Aコンサルティング
創業    :2019年4月
代表者   :松栄 遥
従業員数  :非公開
本社住所  :〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー3階
渋谷オフィス:〒150-0043  東京都渋谷区道玄坂1-9-4 ODAビルディング3F

M&Aコンサルティングの直近の業績

非上場企業という事もあり、売上高・経常利益に関する情報は公開されていませんでした。

M&Aコンサルティングの松栄遥社長について

1988年生まれ、岐阜県出身。横浜国立大学工学部を卒業後、2012年に新卒で株式会社キーエンスに入社。2016年に株式会社キーエンスを退職し、株式会社日本M&Aセンターへ入社。2019年に株式会社日本M&Aセンターを退職し、株式会社M&Aコンサルティングを創業。

バンタンデザイン研究所でクリエイティブについても学ぶなど、幅広いスキルの習得の為に行動をされており、コンサルタントの方の経歴からも多様性を重視する傾向が強い方なのではないかと想像できます。

M&Aコンサルティングの今後の事業展開

松栄社長は、あるインタビューで下記のように将来のビジョンを語っています。

外食、美容、IT、製造業界に加えて、高いパフォーマンスを発揮できる業界を一層広げていきたいと考えています。創業3年目のスタートアップとして、これからどんどん成長をしていくためにも、ニッチトップを確立したうえで、全国展開していくことを考えています。

 

M&Aはあくまでも手段のひとつだと考えています。経営者の課題に対してM&Aが最適であればM&Aを提案させて頂きますが、IPOを支援させて頂くケースもございます。M&Aを軸にすると前後に非常に大きなビジネスチャンスがありますので、我々としては経営者のエコシステムを作りたいと考えています。

2021年4月にスタートした「製造業特化チーム」の様に、専門領域を持ちながら拡大を目指しつつ、M&A以外にも提案の領域を拡げる事を重要視しているようです。

M&Aコンサルティングの採用情報について

【2022年更新】M&Aコンサルティングはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等

M&Aコンサルティングは、採用ホームページを用意しており、様々な情報を提供しています。アドバイザーの方のキャリアを見ると、M&A経験者、会社経営者、キーエンス、ジョンソンエンドジョンソン、といったキャリアの方が在籍しており、非常に多様性があります。

M&Aコンサルティングが募集している求人

M&Aコンサルティングでは、中途採用のみ採用活動を行っており、募集ポジションは以下の通りです。

 

■M&Aコンサルタント(営業)
<業務内容>
・M&Aの対象企業の探索・提案・条件交渉
・企業評価の実施、対象企業の分析
・デューディリジェンス、ドキュメンテーションのサポート
※当記事では「M&Aアドバイザー」として統一させて頂いておりますが、採用ホームページからの引用の為「M&Aコンサルタント」と表記しております。業務内容において違いはありません。

 

■マーケティングのプロフェッショナル人材
<業務内容>
M&Aマーケティング担当としてご活躍いただきます。
・リスティング広告運用
・DM戦略立案及び運用
・セミナー開催
・MAツール活用(Pardot)
などマーケティング全般を担って頂きます。

 

■求める人物像・学歴・給与条件などの条件
<求める人物像>
コミュニケーション能力、営業力
M&A業務の経験者・未経験者は問いません。弊社を通して自身のやりたいことを実現させる、ハングリー精神を持った方を求めています。

<学歴>
大卒以上(有名大学出身者が望ましい)

<勤務地>
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-9-4 ODAビルディング3F
最寄駅:渋谷駅

<給与>
年収:360万円~
固定給+インセンティブ+業績連動賞与(年3回)
※インセンティブ、業績連動賞与については上限無し

<必要資格>
不問。会計士、税理士、弁護士、MBA等あれば優遇

<就業時間>
9時~18時(休憩1h)フレックス可

<休日>
土日祝日。年末年始。それ以外に年次有給休暇

新卒採用状況について

M&Aコンサルティングでは、現在新卒の採用活動は行っていませんが、過去にインターン生の募集をしております。

現在は、募集停止になっておりますが、応募時の内容は以下の通りです。

■インターン生
<業務内容>
・電話営業(売り手、買い手へのコールドコール)
・打合せ同行(対面、オンライン共に有)
・決算数値、案件資料作成(基本テレワーク)

(給与)
時給1,100円+インセンティブ
※活躍度合いによりますが、インセンティブ込みの標準時給約2,000~5,000円

M&Aという業界自体が、非常に業務難易度が高い業務の為、社会人経験を積んでからでないとM&Aアドバイザーとしての活躍は難しいかと考えられます。M&Aコンサルティングは、その中でもインターンで経験を積むことが可能にしており、M&Aアドバイザーを志す方にとっては、より早期にスキルをキャッチアップ出来る環境は用意してくれているのではないかと見受けられます。

中途採用状況について

M&Aコンサルティングでは、年間を通して時期に関わらず求人を募集しております。 M&Aの業界において、優秀な人材の確保は不可欠となる為、時期で採用水準を変えることなく、常に優秀な人材に対してアンテナを張り続けていると考えられます。 また、アドバイザー以外のポジションの採用も積極的に募集しており、売上等の情報は非公開ではあるものの、事業の拡大を感じさせます。

M&Aコンサルティングの転職難易度は?

ホームページで紹介されているコンサルタントの方を見る限り、何かしらの分野で際立った活躍をされている方や、既にM&アドバイザーとしての経験をある方が多く、人数も少数精鋭である事から、転職難易度自体は非常に高いのではないかと想定されます。

 

M&A業界への圧倒的転職内定率ならリメディ株式会社

M&A業界への転職をお考えでしょうか?
リメディは、M&A業界に特化し1年で50名超の転職支援実績を有する業界最高のエージェントです。

リメディのHPはこちら

【リメディにご相談頂くメリット】
・M&Aファーム各社の情報が充実しており、自分にとって最も良いファームが明確になる。
・転職支援実績が豊富であるため、選考対策が極めて充実している。業界No.1の内定率
・担当エージェント自身がM&A経験者か、もしくはM&Aファームに内定獲得できるレベルのエージェントであるので頼りになる。

昨今急拡大しているM&A業界には、上場しているファームだけではなく、有力なベンチャーM&Aファームもございます。①業界特化、②分業体制の充実、③テクノロジーによる効率化等の特徴が明確です。成功するためには、ご自身にあったM&Aファームを選択することが何より重要です。M&Aファーム各社の社長と直接コネクションを持ち、毎日ようにコミュニケーションをとっているリメディにまずはご相談ください。

リメディのコンサルタントはこちらから確認頂けます

M&Aコンサルティングの年収について

【2022年更新】M&Aコンサルティングはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等

M&Aコンサルティングでは、平均年収等は公開されていませんが、求人情報や口コミを元に情報を整理してみました。

M&Aコンサルティングの平均年収

M&Aコンサルティングの平均年収は、現在公開されていません。 M&A業界に共通して言えることになりますが M&Aアドバイザーは給与におけるインセンティブの比率が非常に高いので「人による」部分が大きいと考えられますが、合わせてM&Aコンサルティングでは業績連動給が設計されていますので、その比率が気になるところです。

M&Aコンサルティングの年収モデル

求人情報では 

<給与>
年収:360万円~
固定給+インセンティブ+業績連動賞与(年3回)
※インセンティブ、業績連動賞与については上限無し

となっています。

インセンティブの比率は開示されていませんが、特徴的な項目として年3回の業績連動賞与という項目があります。固定給の設計は360万円となっていますが、個人のインセンティブ以外に、業績連動賞与が付く為、最低給与ももう少し高くなるのではないかと考えられます。

M&Aコンサルティングの年収が高い理由

M&Aコンサルティングの報酬は①固定給②インセンティブ③業績連動賞与の3点で構成されており、インセンティブに関しては「完全成功報酬制」を取っている為、成約時にしか発生しないと考えられます。

一方で、大手M&A仲介会社からの転職者もあり、収入面や働き方での魅力が大きいと考えられます。インセンティブに関しては「成約額」×「成約件数」×「インセンティブ率」から成りますが、これらの数字は公開されていませんでした。

非公開ではあるものの、各項目において魅力的な数字がある事が想定される他、業績連動賞与が設計されている為、自身の売上に直結しない、後輩の育成や、社内の業績向上への取組が給与に反映されるという点でも高収入や、やりがいに繋がっているのではないかと考えられます。

M&Aコンサルティングの労働環境について

【2022年更新】M&Aコンサルティングはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等

激務と言われがちなM&A業界ですが、M&Aコンサルティングでの実際の労働環境はどうなっているのでしょうか?

仕事内容と日々の働き方

採用ホームページの求人情報では

<業務内容>
・M&Aの対象企業の探索・提案・条件交渉
・企業評価の実施、対象企業の分析
・デューディリジェンス、ドキュメンテーションのサポート

となっており、他社との詳細な比較をする事は出来ませんでした。

残業時間

残業時間は公表されておりませんが、勤務時間は9時00分~18時00分となっておりフレックスでの勤務を認めているのが特徴です。勤務時間のイメージは見えませんが、比較的自由度が高いという印象が見受けられます。

離職率

離職率に関しては、公表されているものがなく、口コミ等の情報も見当たりませんでした。 ホームページのアドバイザーに関しては、増加はあるものの、削除された方がおりませんので 離職は無いか、極めて低いと考えられます。

M&AコンサルティングのM&Aアドバイザーのキャリアパス

【2022年更新】M&Aコンサルティングはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等

M&Aアドバイザーの方は、社内だけでなく社外においてもキャリアパスの展開性が見込める仕事です。 M&Aコンサルティングにおける社内・社外のキャリアパスを整理してみました。

社内でのキャリアパス

M&Aコンサルティングに限らず、M&Aの業界では社長、役員クラスの方も現役でアドバイザーとしても活躍している事が珍しくありません。 M&Aコンサルティングにおいては「SCALE型M&A」「業界特化チーム」など他社には無い取り組みが多くありますので、ポジションの責任者といったキャリアも狙える可能性があるのではないでしょうか?

社外へのキャリアパス

M&Aアドバイザーという仕事の成果は、個人の力量に大きく左右され、所属している会社によって進路が大きく変わる事は無いようです。 では、一般的にM&Aアドバイザーはどのようなネクストキャリアを歩むことが多いのでしょうか? 

・事業会社での経営企画や、M&Aでの戦略立案
・コンサルティングファームのM&A戦略チーム
・金融機関のM&A関連部署
・ベンチャーでの経営企画
・独立/起業 

といった選択肢が多いようです。

また、M&Aコンサルティングでは、ホームページで紹介されているコンサルタントの方の中でも、ご自身でも別会社の取締役を務めている方や、人材エージェント・NPO活動などの取組をされている方もおられるようで、会社に務めながら選択肢を持つことも視野に入れる事が出来るのではないかと想定されます。

M&Aコンサルティングの評判・口コミ

【2022年更新】M&Aコンサルティングはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等

採用ホームページ以外からの情報として、Openworkの口コミを参考に、報酬や待遇、実際の年収の状況、福利厚生や休暇、仕事のやりがいやM&Aアドバイザーとしての成長性、労働時間、雰囲気などのイメージを膨らませていきたいと思います。

報酬・待遇への満足度

報酬面に関しては、上述した通りで「ベースの固定給+インセンティブ+業績連動賞与」という設計で、 それ以外の情報に関しては、情報がありませんでした。

比較的この力が重視されがちなM&Aの業界ではありますが、自分だけでなく組織への貢献が賞与として反映されるような仕組みや、実際にホームページ上の紹介で別の仕事に取組まれている事を記載されている様子を見ると、報酬・待遇面の満足度に関しては、かなり意識された組織設計になっているのではないかと想定されます。

年収

M&Aコンサルティングの年収に関してですが「固定給+インセンティブ+業績連動賞与」という設計になっています。 固定給自体は360万円と低めの設定になっている一方で、インセンティブだけでなく、業績連動賞与が追加されるのが特徴的です。

福利厚生・休暇

求人情報に記載されている内容は以下の通りです。

■社会保険
健康保険。厚生年金保険。雇用保険。労災保険

■休日
土日祝日。年末年始。それ以外に年次有給休暇

仕事のやりがいやM&Aアドバイザーとしての成長

仕事のやりがいに関しては、M&A業務全般に言える事ですが「お客様からの感謝」「社会貢献性の高さ」「平等な報酬設計」「経営全般に関わる知識の習得」といったところで、やりがいを感じている方が多いです。

M&Aコンサルティングの特徴にフォーカスを絞ると

「SCALE型M&A」を通して、顧客となる経営者の方とのより深いお付き合いの実現
「業界特化チーム」の取組により、自分自身のアドバイザーとしての価値向上やブランディングの実現
「現職のコンサルタントの方の経歴」から見える、多様性のある働き方の実現

といった魅力があるのではないかと考えられます。

労働時間

求人情報に記載されている内容に記載されている勤務時間は

・09:00~18:00
・フレックス勤務可

となっております。 残業時間や働き方の詳細に関しては、あまり公開されておらず、WEBでの情報収集だけでは詳細を知るのは難しそうです。

社員の雰囲気

採用ホームページの情報を収集する限り

・前職において、極めて優秀な成績を残している方が多い
・ご自身でも何かを成し遂げている人が多く多様性がある
・固定給は低いが、インセンティブが非常に高い制度設計
・自身の成績だけでなく業績連動する賞与設計
・SCALE型M&Aにより、他よりも深く経営者のサポートが出来る

といった点が傾向として挙げられますので、自ずとその条件にマッチする方、設計に共感が持てる方が集まると想定されます。 レベルの高い環境で切磋琢磨したい、深く顧客貢献したい、チームで結果を出していきたい、といった想いの方が多いのではないでしょうか?

M&Aコンサルティングへの転職を成功させるポイント

【2022年更新】M&Aコンサルティングはどんな会社?企業情報/評判/年収/転職・求人・採用・面接等

M&Aコンサルティングへの転職では、M&Aアドバイザーとして求められる「地頭の良さ」や「経営者への営業が出来るイメージ」「誠実さ」といった要素の他に、求める人物像への記載にあるように「自身のやりたい事の実現」と「ハングリー精神」という内容について具体的にエピソードを語れるがあると考えられます。

「自身のやりたい事の実現」に関しては「なぜ」「いつ」「どんなことを」実現したいのかといった点や、それを実現する事が「なぜM&Aなのか」「なぜM&Aコンサルティングなのか」といった事を落とし込んでおく必要があると考えられます。

また「ハングリー精神」については、松栄社長や依田取締役が株式会社キーエンス出身という事もあり「結果を出す為の執念」「具体的にどんな工夫をしてきたのか」といった実績に伴うエピソードを整理しておく必要があるかと考えられます。

これらの内容は、採用ホームページに記載されているヒントになりますが、他のM&A仲介会社と比べると、公開されている情報の量は非常に少ないです。 就職後のミスマッチを防ぐ意味でも、より具体的な労働環境や、雰囲気を知っておくのも大切な情報収集の1つとなりますので、特に、実態をよく知っているエージェントからの情報収集は有効な手段になるのではないでしょうか? 弊社は、M&A業界において豊富な支援実績があり、極めて高い内定率を実現しています。 まずは、是非お気軽にご相談を頂ければと思います。

転職をお考えであればリメディのコンサルタントにご相談を

記事をご覧頂きありがとうございました。

リメディはM&A業界出身者が設立したM&A業界特化のエージェント会社です。
リメディの特徴は、何よりも内定率の高さです。M&A業界出身者によるM&A各社の違いの整理や書類・面接の対策、各社の社長とのコネクションから独自の選考ルートまでフル活用し、M&A業界へのチャレンジをリメディのエージェントともに進めましょう。

他社エージェントとの違いは是非、ご面談の際に実感して頂ければと思います。

転職相談はこちら

過去1年で、M&A業界へ

50名超の支援実績があります。

リメディは、M&A経験者が創業したエージェントです。M&A業界に転職をお考えの方は、ご相談ください。
新進気鋭のベンチャーから大手M&Aファームまで幅広く内定実績がございます。